知っとこ!医療保険の加入条件

このエントリーをはてなブックマークに追加

私の加入する医療保険

私が初めて生命保険に加入したのは結婚して子供が産まれ暫くが過ぎた頃です。
今では子供の頃から両親や祖父母が学資保険など医療保険を含んだ何らかの保険に加入する事が多く私の友達でも学生時代から両親が保険をかけてくれていると言う子も多くいました。
そんな中で我が家は驚くほど貧乏で高校も奨学金を貰っていたし大学に進学する夢も家が貧しかった為に諦めた位だから生命保険や医療保険とは全く縁ない世界で両親はともかく子供の私に保険をかけることなど夢のまた夢の事です。
一家の大黒柱の主人はともかくとして当時は専業主婦だった私に医療保険は必要なのかと思った事もありました。
ですが知り合いに話を聞くと専業主婦でも医療保険に加入している人が殆んどで、やっぱり私にも必要かなと思い主人が結婚前から加入していた医療保険の家族として加入したのが私の初めて医療保険デビューと言う事になります。
始めて私が加入した医療保険は主人の家族としての加入だった為に離婚と同時に解約をする事になりました。
再婚をした時に万が一の為にと思い私独自に医療保険に加入しましたが再婚相手の主人の実のお姉さんが保険の代理店をしていた為に全てがお任せになってしまい契約内容は私にはよくわからないままでした。
2度目の結婚にも失敗をして又もや離婚した私は収入が激減した為に医療保険の見直しをして実際に自分で内容を確認し現代の保険に加入しました。
その時の条件としては毎月の保険料が1万円以内である事、入院時の補償が1日1万円以上である事、がん保険と死亡保険も含んでいると言う事です。
その結果私が新しく加入した医療保険の内容はいと言うと私が死亡した場合病気だと100万災害だと200万が保証されます。
高度の障害の場合は病気で100万災害で200万の保証です。
ガンと診断された時には100万で2年以上経過して更にガンと診断されると100万で、良く解らないのですが上皮内新生物診断給付金と言う物があって上皮内新生物と診断されると2年に一度を限度として50万が保証されるようです。
病気で入院した時は1日に1万で所定の手術を受けた場合は1回につき20万で所定外の手術では5万が保証されます。
先進医療の治療を受けた時には全額が保証され更に一時金として5万が保証されているようです。
改めて確認すると結構充実しているような気がします。
この内容で毎月の保険料は9306円で生涯保証はされますが生涯保険も支払わないといけません。
もっと保証の高い保険も気になるのですが上を見ればキリがありません。
私には身分相応の保険だと思っています。
Copyright (C)2018知っとこ!医療保険の加入条件.All rights reserved.