知っとこ!医療保険の加入条件

このエントリーをはてなブックマークに追加

終身保険の意味

私が一番最初に加入した医療保険には終身保険と言う物がありませんでしたがいつの間にか終身保険と言う物が登場していました。
昔は人生60年と言われていましたが現代の60歳は現役で仕事をする人も多く定年後も元気で働いておられます。
平均寿命も年々高くなり日本は世界的にも長寿国だと言われています。
そんな社会を反映するのが終身保険だと思っています。
ですが保険の事は全くと言っていいほど無知な私は終身保険と言うのはある一定の年齢まで保険料を支払うと後は死ぬまで契約した内容が保証されるものだと思っていました。
例えば60歳まで終身保険をかけた人が80歳で病気で入院し死亡すると入院給付金と死亡保険金が保証され残された家族に保険金が支払われると思っていたのですが何かの時に65歳になったと言う人が自分が死んでも保険金が出ないと言うのを聞いた事があって私の終身保険に対する認識はもしかしたら間違っていたかも知れないと言う事に気が付きました。
一つの出来事において気になる事があると気になって仕方の私は自宅に戻りインターネットで早速終身保険について調べる事にしました。
終身保険の本当の意味は終身保険の被保険者が死亡したり高度障害になった場合に契約時に死亡保険金受取人の欄に記入された人に保険金が支払われると言う至ってシンプルな保険の事です。
私の加入する医療保険も終身保険で死亡保険金の受取人の欄には100%一人娘になっています。
別れた主人の死亡受取人の欄には私の名前が記されていましたが今はどうなったのか少し気になる所です。
この終身保険は保証される期間が私が思っていた通りに被保険者が亡くなるまで生涯保証されるようで私が死亡しても確実には保険金を受け取る事が出来るようです。
その保険料の支払い方法には一時払いと短期払いがあるようですが保険会社によってかなり違いがあるようです。
私に場合は死亡するまで保険料を支払わなければならないようでせめて65歳くらいまでにしておけばよかったと思うのですが、そうなると毎月支払う保険料が高くなってしまうようです。
終身保険には保険料の支払い期間が完了すれば解約時に解約返戻金があるようで、その解約返戻金は実際に払った保険料よりも上回るというメリットがあるようです。
信じられない話のようですが本当な話のようです。
ですが私の様に生涯払い続けなければならない終身保険にはそう言った事は期待できません。
きっと私よりも随分と高い保険料を支払っている人だけが該当するお得な保険の様です。
Copyright (C)2018知っとこ!医療保険の加入条件.All rights reserved.