知っとこ!医療保険の加入条件

このエントリーをはてなブックマークに追加

財布に優しい医療保険

私が医療保険に一番求める事は保険料が安くて保証が充実していると言う事です。
私だけでなく誰もが思っている事だと思います。
ですが実際には、そんなお得な保険は皆無に等しく保証を充実すればするほど保険料が高くなるのが普通で保険会社からすれば企業の利益を上げるためには当然の事だとも思っています。
そんな事は世間知らずの私にも十分解ってはいるのですが医療保険に加入する際には他社に比べて少しでも保険料が安く保証が大きい保険を選ぼうと必死になってしまいます。
10年くらい前の事ですが私が良く利用するファッションや雑貨の通販会社から届いたカタログに入っていた入院保険のチラシが目に止まりました。
月々の掛け金は3000円程度で1日僅か100円と言う文字がやけに気になります。
おまけに財布に優しい入院保険と書いてあります。
別の加入している医療保険には入院特約も付いているから入院した時には確か1日5000円ですはずだと思いながらも1日5000では少し少ないかも知れないと思いながら内容を確認すると入院時は給料の何割かが保証されるとも書いてあります。
これって結構お得かも知れないと思い暫く悩んだのですが悩んだ挙句加入する事にしました。
月々3000円と言うのも大変魅力で無理なく払う事が出来ると、その時は思いました。
万が一の時の備えと思い加入した入院保険でしたがよくよく考えると他に加入していた医療保険と合計するとかなりに金額になりました。
その入院保険と一緒に他で加入していた医療保険にはがんにかかった時の保証が無かったので同じく月々3000円で財布に優しいがん保険と言ううたい文句に誘われて加入したものだから月々の保険料は15000円を超えてしまいました。
私にとっては高額な金額となりました。
結局、保険の見直しをするまで約10年毎月6000円を払って掛け捨てだった為に一銭の返戻も無く合計すると70万以上の金額を支払った事になりました。
その70万があれば…と後悔してもどうにもなりません。
最近では保険料の安い保険が人気の様でテレビコマーシャルでも40歳代で月々の保険料が僅か4000円とか盛んに宣伝しています。
確かに家計を何とかやりくりすれば払えない金額ではないような気がします。
ですがそんな保険が多すぎてあれもこれも加入すると財布に優しいどころか反対に家計を圧迫し保険だおれしてしまいます。
又、安かろう悪かろうは困りものです。
保険料の安さだけで加入するのは考え物かも知れません。
Copyright (C)2018知っとこ!医療保険の加入条件.All rights reserved.