知っとこ!医療保険の加入条件

このエントリーをはてなブックマークに追加

保険の選び方

健康で毎日元気に過ごしている時には医療保険の必要を感じる事が少ないのですが身近な人が突然に病気になって入院した時や亡くなった時は間違いなく誰もが医療保険の必要を感じます。
ました自分が病気になって入院した時には更に保証のおおきな医療保険を考えます。
そして多くの人が医療保険に加入しているにも関わらず、その仕組みを良く理解していないのが事実でもあります。
私もその一人で実際に保険会社の営業マンの話を聞いても良く理解できないし独自の力で調べようとインターネットで調べたり保険会社から資料を取り寄せても全く理解ができず情報が多すぎて益々混乱してしまうのが現状です。
まして医療保険の契約時に保険会社から保険証と一緒に届く定款などは全く理解できません。
賢い保険の選び方は一番には保険の仕組みを理解する事にあると思います。
ですが実際には難しく医療保険に加入している私でさえも未だに仕組みを理解する事は出来ません。
そんな中で私が考える賢い保険の選び方は毎月自分が支払う事の出来る保険料の金額と最低の条件を決める事です。
私の場合は月々の保険料は1万以下で入院時の保証が1日1万円で死亡時には最低100万とがんの保証がある事でした。
これでも結構条件としては多いかも知れません。
その中で私は数社の保険会社に電話をして見積もりを取りました。
どの保険会社も見積金額は大差なかったのですが電話での対応が一番感じよく対応して下さった営業マンと受付のお姉さんがいた会社に決めました。
保険と言う物は将来の安心の単の安心料だとも思いますが将来起こるかどうか解らない物に支払うお金なので大金を支払う訳には行きません。
家計を圧迫して毎月の保険料の支払いの為に支障が出るような金額では何の為の保険なのかと言う事になります。
又、保証は大きければ大きい方が安心ですが特約を次々と追加したり保証金額を高くするととんでもない保険料に跳ね上がります。
将来起きるかどうかわからない事に大金を支払う必要ないと私は思っています。
親戚や知り合いに保険会社に勤務する人がいると付き合い上どうしてもその人の勤務する会社の保険に加入しなければならない事が多々あります。
それは人として付き合い上仕方のない事なのですが親しいからとお任せにするのは良くありません。
親しい中にも礼儀ありと言う言葉の様に親しくても自分の希望はしっかりと伝えるべきだと思います。
そうでないと後になってこんなはずじゃなかったと知り合いのせいにしてしまい人間関係が悪くなる事もあり得るのです。

保険・医療保険についての話は便利なココでチェック

Copyright (C)2018知っとこ!医療保険の加入条件.All rights reserved.